いますぐ!無料!
Web査定
フリーダイヤル!
お電話査定

アイボを高く買取してもらう方法とは。注意点やポイント教えます。

ソニーより発売されているアイボ(AIBO)
未来技術遺産にも登録されており、
今も昔も変わらぬ人気で、中古市場でも盛んに取引されております。

買取して欲しいと言う依頼も数多く頂戴しており、
以下の質問を良く頂きます。

・もう動かないけれど、買取してもらる?
・何年も動かしてないけど大丈夫ですか?
・付属品が揃っているかわからないんだけど
・オプションとかも一緒に買取してもらえる?

そこで、スムーズな買取が出来る様に
ご自宅で確認出来る、査定のポイントをご紹介いたします。

TOP

1. アイボを買取依頼する前にココを確認しよう

1-1. 型番(モデル名)

型番((モデル名)※以下 型番)によって、買取金額は大きく変わってきますので
正確に伝える様にしましょう。

アイボには複数の型番が発売されており、
そのいくつかを画像を交えて、ご紹介します。

 

 

ERS-111

初期に発売された「ERS-111」です。

シルバーメタリックでインパクトあるデザインですが、
売買コムズからお伝えしたい特徴は耳の部分です。

「ERS-111」の耳は、経年劣化の関係でほぼ取れている事が多いのが現状です。
売買コムズでも何度も買取させて頂きましたが耳が取れていない事はありませんでした。

 

 

ERS-210

二代目として発売された「ERS-210」です。

ライオンの子供がモチーフになっており、耳の部分は変更されております。
限定色もありカラーデザインが豊富でした。

 

 

ERS-311_3122001年に発売された「ERS-311」と「ERS-312」です。

「ラッテ」と「マカロン」と名前がついておりました。
今までとデザインが変わっており、とても可愛らしい感じなのが特徴です。

 

 

 

no1同じくらいの時期に「ERS-220」が発売されました。
近未来的なデザインが特徴で、いかにもロボットらしいアイボです。
まだ売買コムズではこのモデルのみ査定を頂いた事がなく、画像がない状態です。
お手持ちの方で売却を検討の方は、是非売買コムズまでお問い合わせください。

 

 

 

ERS-7_黒2003年に発売されたのが「ERS-7」シリーズです。
カラーデザインはパールホワイトとパールブラックがございます。
今でも変わらぬ人気を誇っており、中古市場でも頻繁に取引されております。
中でも当時の最終型である「ERS-7M3」が高値が期待出来る商品です。

 

 

ERS-7_茶「ERS-7M3」の限定色であるハニーブラウンです。
こちらも非常に人気があり、買取価格も期待が持てる一品です。

 

 

1-2. 付属品

付属品の有無でも買取金額に大きな差が出ます。
説明書に記載がございますので確認してみましょう。

箱特に元箱やアイボ本体が箱の中で固定できる専用の緩衝材があればなお良しですが、
無くても買取可能でございます。
本体以外にどういった付属品があるのか、今一度チェックしてみましょう。

 

 

1-3. オプション品

アイボには様々なオプション品が存在します。

opこちらは「エナジーステーション」と「エナジーステーションコア」になります。
特定の型番のアイボを充電するのに使用します。
無くても充電は可能ですが、これらのオプションがあると、充電が容易に出来ます。

 

カード「AIBO-ware」と呼ばれるメモリースティックです。
アイボで実行可能なソフトウェアになります。
アイボの「ココロ」の様な物で、数多くの種類が発売されておりました。

 

パンダ変わり種になりますが、当時「サントリー ウーロン茶」のキャンペーンでもらえた
アイボを「ロンロン」に変身可能なパンダスーツです。
もちろん専用の「AIBO-ware」もありました。

 

 

UP「ERS-7」を「ERS-7M3」にアップグレードする事が出来るソフトウェアです。
「M3」の方が高額査定が期待出来るので、「ERS-7」をお持ちの方は要確認です。

 

 

bagアイボ専用のバッグとなり、画像は「ERS-7」シリーズ用の物となります。
こちらは傷、汚れ、べたつき、破れがないかなど確認しておきましょう。

 

上記でご紹介した以外にも、まだまだ数多くのオプション品はございます。
通常の付属品とは別に何か購入した物があれば、買取査定時に伝える様にしましょう。

 

 

1-4. 動作チェック

動く動かないも大事な要素です。
とは言え、「ERS-7」シリーズ以外は動かないケースがほとんどです。
何度か未開封の「ERS-311」や「ERS-312」を買取させて頂き、
確認のため開けて、動かしてみようと試みましたが
バッテリーがヘタっており動きませんでした。

「ERS-7」シリーズに関しては、動くケースも多く
問題なく動作する方がお値段に期待が持てます。
しっかり充電して問題なく動作するか確認してみましょう。

例え動かなくても、型番によっては買取可能でございます。
ご自身で修理される方、パーツ取りに、など
様々な理由で必要としている方がたくさんおられますので、
まずは買取可能か問い合わせてみましょう。

 

 

1-5. 外観の状態

型番、付属品やオプション品、そして動作チェックが完了すれば
あとは、見た目上の外観のチェックです。

傷、汚れ、破損などはないでしょうか?
またアイボその物がお古い物となりますので
保管環境によっては色褪せなどが見受けられるかもしれません。
お手持ちのアイボの状態を確認してみましょう。

 

 

2. 確認が終われば、査定に出そう

2-1. スマホ/PC で簡単検索

お手持ちのアイボについて確認が済めば、実際に問い合わせてみましょう。
ネットから「アイボ 買取」などで検索をすれば
たくさんの買取業者が出てくると思います。
いくつかのサイトを回遊して、気になるところに問い合わせてみましょう。

 

2-2. 複数社見積りしよう

買取業者によって、得意な分野と苦手な分野があり、提示される買取金額がまちまちです。
少しでも高く買取してもらうには1社ではなく、複数社に問い合わせた方が良いでしょう。

 

2-3. 口コミをみよう

とは言え、初めて何かを売る方は数あす業者から
どこに問い合わせてみたら良いのか、わからないなんて事も。
そんな時は、口コミなどを参考にしてみてはいかがでしょうか?

実際に買取の成約に繋がったお客様からの声や感想などを
掲載している業者もあるかと思います。
そこで記載されている内容を見て、業者を選ぶのも良いかもしれません。

koe
売買コムズでもお客様の声を公開中です。

 

 

3. まとめ

最後にアイボを高価買取してもらう為に
確認する事をまとめます。

型番を確認する
付属品を確認する
動作チェックをする
状態を確認する


バナー
バナー
売買コムズ 〒660-0085 兵庫県尼崎市元浜町4-88 古物商登録届出 第631331400008号 | 酒類販売業免許 尼法第383号
Top