いますぐ!無料!
Web査定
フリーダイヤル!
お電話査定

【電子ピアノ】使っていない中古の電子ピアノ。買取?処分?その方法について

こんにちは!
家に置いてある電子ピアノどうなっていますか?
今回は様々な理由から電子ピアノの売却を考えているという方に、
査定から買取までの手順や押さえておくとスムーズにやり取りできる
ポイントなどをまとめてみました。

またいつ売るの?などといった売るまでについての内容もあるので
今後そういった機会が訪れるかもかもしれないが今はまだ考えていないという方も
頭の片隅に置いておいて頂ければ嬉しいです。

電子ピアノ

電子ピアノのあれこれ

1.買取時に聞く、電子ピアノ・エレクトーンの売却理由

よく買取の際に聞く電子ピアノの売却理由としては、

・子どものために買ったけど興味をなくしてしまったから
・引っ越しすることになり、引っ越し先まで持っていけないので
・ずっと置いてあったけどリフォームに伴い
・使わなくなって処分しようと思ったら、処分費が結構かかったから
・今よりも高性能なものに買い替え、本格的に取り組みたいので
などなど、

最後5番目の売却理由でのお別れだったら嬉しいのですが、
お買取りさせていただく中では1番目、4番目の理由が多いですね。

2.売却・処分の決意までの道のり

買取を依頼する理由としては、皆さん結構想像通りの内容といえば、そうかもしれません。
引っ越しや、買い替えなどは期日が決まっていたり、
次にほしいものがあったりなのですぐにアクションに移っていくのですが、
お子さんが興味をなくしてしまったり、使わなくなって掃除や整理のタイミングで
というような状態になると無理に売る必要もないので
アクションを起こすタイミングを逃してしまう方が多いようですね。

そして年月が経ち、家の中の電子ピアノがインテリアになってから
いざ手放そうと思ってもなかなか思い通りにいかないことが多いです。
それでもそうなってしまった時にはなんとかしないといけないので仕方なく
処分などというようになってしまうのですが、
出来ればそうなる前に思い切って売ってしまえればいいのですが、
電子ピアノとかは様々な思い出やエピソードがぎっしりとつまっていて躊躇っちゃいますよね。

かと言って急いで売ってあとで後悔してしまうかもしれないし…
ずっと置いておいてあとから困るのも嫌だ。

とりあえずどちらの場合でも無料査定などで価値を調べておくことをオススメします。
あーっという事態になる前に一度検討しておけば後悔も少なく済みそうですね。

 

3.無料査定をしてみよう

買取をお願いする場合でも置いておく場合でも無料査定をして価値を知っておくことが大切です。
ネットで検索するとたくさんの業者が出てくるので、そこから査定依頼をかけましょう
査定の連絡をする前に調べておくとスムーズに査定が進むポイント

 

・型番(model)を調べる。

 

メーカー覚えていても型番は忘れがち!
だいたいのメーカーさんが足を入れる部分をした下から除くとシールが貼ってありますよ。

 

・年式を調べる。

 

購入したタイミングによって購入年と年式がずれている場合があるので要チェック!
こちらもだいたいは型番と同じ場所にシールが貼ってあります。

 

・正常に動作するか確認

最後にいつ動かしたかも査定のポイント!直近で正常な動作を確認しておけば安心です。
鍵盤の他、ペダルやボタンもチェック。デモサウンドなども確認しておけば◎

 

・付属品の有無(説明書・椅子・ヘッドフォンなど)

椅子はあるけど、説明書やヘッドフォンなどはバラバラになりがち!
いざ売ろうとなった時のために場所だけでも把握しておくと安心です。

 

・目立つ傷や汚れなどがないか?

目に着く傷などがある場合は事前に伝えておこう!
現地で傷があるとわかると査定額に影響する可能性があるので、正確に伝えておけば安心。

 

・搬出時に分解が必要か
業者によっては査定額の変わる業者も!?
購入時は分解された状態のことが多いので、そのままの状態で搬出できるか確認しておけば◎
また電子ピアノはほとんどの場合で出張買取となるので、
業者を選ぶ際はお住まいの地域に拠点を持つ業者さんを選ぶのがポイントです。

 

4.いざ売却

ここまでくればあと少しです。
売却の場合は業者に依頼してスケジュールを調整します。

一人で決められない場合は事前にしっかりと相談して決めましょう◎
相談せずに依頼して現地でもケンカになったなんてケースもありました;;

あとは引き取り当日を待つばかり。

当日は動作チェックを行い、査定額のお支払いを受けて引取完了です。

5.まとめ

電子ピアノは結構高額な買い物なだけに、
買う時はもちろん思い切りが要りますが、売る時にもやはり思い切りが必要なものですね。
その判断材料としてとりあえずは商品の価値を調べておくことをオススメします。

電子ピアノの毎年新商品が出ますのでほぼ確実に相場は年々低下していくので
せっかくの思い出の品を引き取ってもらうのに処分の道しかなくなってしまうよりも、
次のユーザーへと引き継がれる道があるうちに売ってしまうのもいいかもしれませんね。



バナー
バナー
売買コムズ 〒660-0085 兵庫県尼崎市元浜町4-88 古物商登録届出 第631331400008号 | 酒類販売業免許 尼法第383号
Top