いますぐ!無料!
Web査定
フリーダイヤル!
お電話査定

【買取価格表】iPadの中古相場|モデル別の相場と高く売るコツを紹介

【買取価格表】ipadの買取相場|モデル別の相場と高く売るコツを紹介

この記事は
「iPadをできるだけ高値で売りたい!」
「所有しているiPadを高く売って、新機種に買い換える資金にしたい!」

と考えている方に向けたコラムです。

つい勢いでiPadを買ってしまった、最近Androidタブレットに乗り換えた、動画視聴はスマホで十分、など、せっかく購入したiPadを持て余している方も多いようです。

使っていないのであれば売ってお金に換えてしまうのも良い手段ですよね。

この記事では

✅iPadのモデル別買取相場
✅iPadを高額買取してくれるおススメ業者3選!
✅iPadを高く買取してもらうコツ

といった情報をお伝えします。

お手元にあまり使っていないiPadがあるのであれば、ぜひ売却を検討してみてください。



ipadは中古市場でどのくらい人気?

ipadは中古市場でどのくらい人気?
洗練されたデザインと直感的な操作で、世界的に人気の高いタブレット端末「iPad」ですが、最近ではスマホも高性能化・大画面化しており、せっかく購入したけれど、思っていたよりも使わなかったりするケースも。

iPadを始めとしたApple製品は、使わなくなったので売却するというケースはもちろん、新モデルへの買い替えのために売却するというケースも多いため、リユース市場でも大変な人気となっています。

せっかくiPadを売却するのなら、できるだけ高く売りたいですよね。

この記事は「iPadを高値で売却したい」と考えている方へ高価買取のポイントやおススメ買い取り業者などをご紹介しています。

wi-fiモデルとセルラーモデル

iPadは「wi-fiモデル」と「セルラーモデル」の2種類に分かれます。
売却する際は「自分の所有しているiPadがどちらのモデルなのか」しっかりと把握しておくと査定依頼時に焦らないで済みます。

セルラーモデルとはドコモやAU、ソフトバンクなどの通信会社(キャリア)と契約することで、iPad単体で3Gや4Gといったモバイル回線でネット通信できるモデルのことです。

セルラーモデルでは月額の通信料が発生しますが、その代わりにネットへ接続するためにwi-fiを探す必要がありません。

もしあなたが毎月iPadの通信料を支払っているのなら、お手持ちの端末はセルラーモデルという事になります。

逆に、wi-fiに接続しなけれなネット通信ができない端末はwi-fiモデルです。

wi-fiモデルは通信会社との回線契約は不要ですが、wi-fiが無いところではネット通信ができません。

iPadには色々なモデルがあり、どの機種も定価はセルラーモデルのほうが15,000円程高く設定されていますが、売却する際にはモデルの違いだけではそこまでの価格差が生じないケースがほとんどとなります。

iPadの買取価格表

買取表
iPadの売却を考えていれば、自分の持っているiPadがどのくらいの価格で売れるのか気になりますよね。

iPadの買取価格をモデル別にまとめましたので参考にしてみてください。

iPad Pro

型番・モデル 買取価格 実績
iPad Pro 12.9インチ(A1876) 1TB 新品未開封 120,000円 2020.4.3 実績
iPad Pro 11インチ(A1934) 256GB 中古 65,000円 2020.3.16 実績
iPad Pro 10.5インチ(A1709) 256GB 中古 32,000円 2020.4.12 実績 


iPad air

型番・モデル 買取価格 実績
iPad Air(A2152) 256GB 新品 48,000円 2020.3.22 実績
iPad Air(A2123) 64GB 中古 32,000円 2020.3.2 実績
iPad Air2(A1566) 64GB 中古 8,000円 2020.4.1 実績


iPad

型番・モデル 買取価格 実績
iPad(A1954) 128GB 新品 40,000円 2020.4.6 実績
iPad(A1822) 128GB 新品 22,000円 2020.3.11 実績
iPad(A1823) 128GB 中古 10,000円 2020.2.25 実績


iPad mini

型番・モデル 買取価格 実績
iPad mini(A2124) 64GB 新品 35,000円 2020.4.18 実績
iPad mini(A2133) 64GB 新品 30,000円 2020.2.19 実績
iPad mini(A1538) 64GB 中古 8,000円 2020.3.2 実績


iPadを高額買取してくれるおススメ業者3選!

iPadを高額買取してくれるおススメ業者3選!
iPadの高価買取を行っているおススメ業者をピックアップしました。

どの買取業者も査定は無料ですので、まずは気軽に依頼してみましょう。

売買コムズ

売買コムズ
持ち込み買取以外にも出張買取と宅配買取に対応しており、iPadの買い取り実績も豊富にあります。
最新モデルはもちろん、古いモデルの買取も積極的に行っていますので、他の買取業者では値段のつかないモデルでも買取可能な場合があります。

✅モデル名とメモリー容量を伝えるだけですぐに買取価格が分かります♪


ゲオ

geo
DVDレンタルで有名なゲオですが、スマホやタブレットのリユースにも力を入れています。

ゲオが運営する買取専門サイト「ゲオモバイル」では、専用フォームに機種名を入力するとリアルタイムで査定額を算出してくれるので、忙しくてなかなか査定依頼ができないような方におススメです。

また、タイミングにもよりますが、「買い取り額10%UP」などのお得なキャンペーンを実施している場合もあります。


ブックオフ


ブックオフのメリットは何といっても全国に広がる店舗網があることです。
近くの店舗で気軽に対面で買い取ってもらうことが可能なので、ネット経由での買取や宅配買取に不安を感じる方におススメです。

また、メーカーや機種名を入力することでリアルタイムで査定額を知ることができる点や、幅広いジャンルの商品の買取りを行っているので、iPad以外の不要なものをまとめて売却できる点も魅力です。

【iPadシリーズで特に人気】第5・6・7世代の買取の違いは?

第5・6・7世代の買取の違いは?
iPadは2010年に発売されて以来、幾度となくモデルチェンジを続けております。

平均して1.5年に1度のペースで新しいモデルが発表されるという驚きのリリーススケジュールをみても、常に新機種を発売できる人気アイテムの一つということがわかります。

新モデルが発売される度に、新しい機能や最新のCPUなどを搭載してきたiPadですが、例えば2017年に発売された第5世代iPadは、前モデル(第4世代)が発売されてから5年ぶりの新モデルという事もあり、何年経っても十分通用するスペックの名機でした。

翌年には第6世代、更にその翌年には第7世代のモデルが発売されており、リユース市場でも大変人気があります。

そのような人気モデルのiPadを持っているのに使っていないようであれば、なるべく早く売却することをお勧めします。

ちなみに、第5世代のさらにひとつ前の第4世代のモデルになると、数千円程度でしか買取できない、または買取自体ができないケースがほとんどです。

世代による買取金額の違いの一例として、以下の5世代、6世代、7世代のiPadの買取実績の表をご覧ください。

型番・モデル 買取価格 実績
iPad(A2198) [第7世代 / セルラーモデル] 128GB 中古 48,000円 2020.4.20 実績
iPad(A1954) [第6世代 / セルラーモデル]128GB 中古 40,000円 2020.3.16 実績
iPad(A1823) [第5世代 / セルラーモデル]128GB 中古(極美品) 22,000円 2020.4.2 実績

第7世代から1世代前のモデルになると、約2割買取金額が低下しますが、更にもう1世代さかのぼると、5割以上買取金額が低下していることがわかります。

当たり前ですが、新しいモデルが一番高値で売ることができ、古いモデルになるごとに買い取り額が下がりますので、使っていないiPadを持っているのであれば、型落ちモデルになってしまう前に売却することが一番合理的だという事になります。

第4世代以前のモデルのiPadでは、買取金額は正直伸びにくいですが、おそらくこれからもiPadの新機種は発売され続けると思いますので、現在の最新機種であっても将来的には価値が落ちてしまい、買取不可になってしまう事も十分考えられます。

もし使っていないiPadをお持ちであれば、お早めに売却することをお勧めします。

こんなiPadは買取できる?

こんなiPadは買取できる?
ネットサーフィンをしたり、Youtubeなどの動画配信サイトを見たり、音楽を再生したりと、iPadをはじめとしたタブレット端末は大変便利なガジェットです。

しかしそのどこにでも持ち運べる便利さゆえに、不注意で落として画面を割ってしまったり、お風呂に水没させてしまったりしてしまう事も。

iPadを売却する際は、「その端末がどのような状態なのか」といった点も査定の重要な要素になってきます。

画面割れや電源が入らないようなケースでは、機種によっては買取を断られてしまう事もありるため注意が必要です。

もちろん人気の高い最新機種であれば、ジャンク状態でも買取可能な場合もありますので、そのような場合でも諦めずにまずは査定依頼してみることをおススメします。

こちらでは、状態別の買取可否の目安をまとめました。

液晶割れがある場合

たとえディスプレイが割れてしまっている場合でも、モデルによっては買取が可能です。

査定を依頼する際に、きちんとディスプレイ割れのことを伝えるのはもちろん、どの程度の大きさの割れ(ヒビ)なのか、タッチ操作は通常度どおり可能なのか、といった詳細を伝えることを忘れないようにしましょう。

また、宅配買取で売却する場合は、配送時の衝撃などでディスプレイの割れが広がってしまわないように発送時の梱包を入念に行うようにしましょう。

初期化をしていない場合

iPadに入っている個人データを初期化していない場合でも、買取は可能です。

データが残っているiPadは、買い取った業者が全てのデータを削除してから再販売を行いますので、安心して査定依頼をしてみましょう。

とはいっても、個人情報が流出してしまう事件は後を絶たず、「個人情報をしっかりと削除します」とアピールしていた事業者から個人情報が流出してしまうといった残念な事件が起きていることも事実です。

どうしても個人データの流出が不安という方は、ご自身でデータを削除して工場出荷状態に戻してからご売却されることをお勧めします。

初期化と聞くと難しそうな印象を覚えますが、実はiPad 端末の初期化操作は設定画面から簡単に行うことができます。

操作方法が分からない場合は、インターネットで調べるとわかりやすく解説してくれるサイトがすぐに見つかりますので、その通り行えば簡単に工場出荷状態に戻すことができます。


 

ジャンク状態(電源が入らない、ボタンが反応しない、など)の場合

電源の入らないiPadや壊れてしまっているiPadでも、機種によっては買取可能です。

iPadをはじめとする Apple製品は非常に人気があり、リユース市場で値崩れが起きにくいという特徴があります。

また、最近では修理用の社外パーツも比較的安価で手に入れることができるため、ジャンク状態でも一定のニーズがあります。

以上の理由により、機種によってはジャンク状態でも買取が可能になるのです。

もちろんあまりに古い機種だと流通価格が低く修理コストが上回ってしまうため、買取できない場合もあるので注意が必要です。

箱がない場合

購入時の箱が無い場合でも、もちろん買取は可能です。

外箱以外にも、イヤホンや説明書、充電ケーブルなどの付属品が欠品してしまっている場合でも買取することはできます。

査定依頼の際には、何がそろっていて何が足りないのか、ちゃんと伝えることが大切です。

iPad本体の残債がある場合(赤ロムの場合)

セルラーモデルを購入した場合、本体代金を分割払いで払うケースが多くあります。

本体の分割払いが残っている(端末代金の支払いが終わっていない)にも関わらず、支払いを滞納してしまった場合、通信会社から制限をかけられてしまい、ネット接続ができなくなります。

この状態が通称「赤ロム」と呼ばれる状態で、この状態だと買取が難しくなってしまうケースがあります。

ただし、絶対に不可能という訳ではなく、一部の買い取り業者では「赤ロム端末でも買取OK」とアピールしています。

もちろん、その場合は通常の状態のiPadと比べて査定額は下がってしまうため、注意が必要です。

残債が残っているiPadを通常の査定額で売るには、残りの端末代金を一括で支払い、未払いの端末代金が残っていない状態(白ロム)にする必要があります。

詳しくは通信会社のショップに相談してみましょう。


 

iPadを高く買取してもらうコツ

高く売るコツ
どうせ売却するのなら、できる限り高値で買い取ってほしいと考えるのは当然です。

ここではiPadを高価買取してもらう際のポイントをご紹介します。

なるべく早く売る

iPadはApple製品の中でも人気の高い製品で、定期的に新モデルが発表されています。

新しいモデルが出れば、当然今までの最新モデルが型落ちになってしまうため、売却額が下がってしまう傾向があります。

タイミングの問題ではありますが、できる限り高い価格で売却したいと考えるのであれば、新しいモデルが発売される前に売却することをおススメします。

付属品をそろえておく

モデルにもよりますが、iPadには充電コードやアダプター、イヤホン、SIM取り出し用ピン(セルラーモデルのみ)などが付属しています。

付属品を失くしてしまったからと言って買取ができなくなることはありませんのでご安心ください。

ただ、付属品が欠品しているよりは揃っているほうが高い査定額が出ますので、査定依頼をする際に付属品が揃っているかどうか確認してみましょう。


 

キレイに清掃しておく

iPad本体はガラスのディスプレイが大半を占めており、その操作の特性上、どうしても画面が汚れやすいという特徴があります。

買い取り業者が査定する際に商品の状態を見る時は、その商品がどのように使われてきたのか必ずチェックします。

あまりにも汚れている状態だと、あまり大切に扱われていなかった商品だと判断されてしまう可能性もあります。

専門的な清掃などは必要ないので、ディスプレイの指紋汚れや皮脂汚れなどは、拭き取る程度の清掃はしておきましょう。

純正のアクセサリーがあれば一緒に査定依頼する

iPadには多くの純正アクセサリーが発売されています。

ペン型の入力デバイスの「Apple Pencil」や、カバーにもなる「Magic Keyboard」、Bluetoothイヤホンの「Air Pods」などです。

Apple製の純正アクセサリーは、社外品の物と比べて高価なものが多く、リユース市場でも人気の高いものが多くあります。

もちろん単品でも買取可能なものもありますが、せっかくiPadを売却するのであれば、同じタイミングでアクセサリーも査定に出してみましょう。

買い取り業者としても買取にかかるコストが1回分で済みますので、アクセサリーのみで査定依頼をするよりも高い査定額が出てくる可能性が高いです。

自分のipadのモデルを正確に把握する

iPadは同じ名前で様々なモデルが出ています。

買取の査定依頼をする前に、自分が所有しているiPadがどのiPadなのか把握しておくことで、査定依頼をする際に慌てなくて済みます。

もちろん覚えていれば話は早いですが、これだけ新商品が出ていると自分のiPadがどのモデルなのか自信をもって答えられなくても不思議ではありません。

iPadのモデルの見分け方は、発売年数やディスプレイのインチ数などでわかります。

例えば、2017年に発売されたiPad(ディスプレイサイズ9.7インチ)は第5世代のiPadで、2019年に発売されたiPad(ディスプレイサイズ10.2インチ)は第7世代、などです。

ただ、モデルによってはディスプレイが同じサイズの場合もあるため、判断がつかないこともあります。

iPadのモデルを確実に知るには、本体の裏面の下部にあるモデルナンバーを確認する必要があります。

モデルナンバーはシリアルナンバーと並んで記載されているので、間違えないように注意しましょう。


 

iPad買取の口コミと体験レポート

口コミ
iPadの高額で買取することができた方の口コミ・体験談をご紹介します。

ご所有のiPadの売却を検討されている方はぜひ参考にしてみてください。

埼玉県 20代 男性

数年前になんとなく購入したiPadでしたが、正直あまり使っていませんでした。

動画の視聴などはスマホで済ませてしまっていたり、大画面で見たいときはパソコンで視聴していたので、せっかく買ったのに持て余していました。

そんな中、今度新しいiPadが発売されるという情報をネットで発見したため、型落ちモデルになってしまう前に早めに手放そうと決心しました。

近所の中古屋などで売るよりも、ネットの業者のほうが高値で買い取ってくれる気がしたので、「iPad 買取」といったキーワードで検索していくつか業者をピックアップしました。

すぐに見つけた業者のいくつかに査定依頼をして、一番最初に返事が返ってきた業者に決めました。

その業者に買取を依頼した後に、いくつかの業者から査定額の提示がありましたが、結局一番最初に返事が返ってきた業者の査定額が一番高額でした。

自宅にいることが多く、宅配買取は面倒くさそうだったので、買取は出張買取を依頼しました。

たまたま都合良くその週の土曜日に来てもらうことができて、その場で現金で買い取りをしてもらうことができました。

「売却しよう」と思い立ってからほんの数日で現金に変えることができて、大変満足しています。

 


 

iPadの売却方法は3つ!

売却方法
iPadを買い取ってもらう場合、主に3つの方法があります。

それぞれメリットとデメリットがあるので、自分に合った売却方法を選ぶようにしましょう。

宅配買取

iPadの宅配買取は、店舗に持ち込む必要もなく、お手軽に利用することができる売却方法です。

業者によっては段ボールやエアーパッキンがセットになった宅配買取セットを郵送してくれるので、それを利用して返送するだけで手続きが完了します。

また、買い取り業者によっては、宅配キットを利用せずに自分で段ボールや梱包材を用意することで査定額が高くなるケースもあるので、少しでも高値で売却したい場合は忘れずに確認するようにしましょう。

店頭持ち込み

iPadの店頭持ち込み買取は、持ち込む手間がかかる半面、実店舗にて対面で買い取ってもらえるので安心して手続きできる買取方法です。

ネットの業者はどこか信用できない、対面で買い取ってほしいという方にお勧めです。

ただ、実店舗を構えているという事は、それだけ経費(家賃や人件費など)がかかっているという事になりますので、それを考えると他の売却方法よりも査定額は抑えられてしまう傾向にあります。

出張買取

iPadの宅配買取は他の買取方法と比較すると一番簡単な売却方法です。

買取依頼をして予定日に自宅で待機しているだけで、iPadを現金買取してもらう事ができます。

反対にデメリットとしては、必ず自分の希望日に予約できるわけではないという点です。

日頃から大量の買取を行っている業者であれば、土日などは希望の時間帯がすべて埋まっていることも考えられるので、余裕をもって買取依頼をすることが大切です。


 

iPadの買取相場|モデル別の相場と高く売るコツのまとめ

以上がiPadを高く売るコツでした。

最後に高く売るコツをもう一度復習しておきましょう。

✅なるべく早く売る
✅付属品をそろえておく
✅キレイに清掃しておく
✅純正のアクセサリーがあれば一緒に査定依頼する
✅自分のiPadのモデルを正確に把握する

コツの1番目にもあるように、使っていないiPadをできるだけ高値で売るためには、なるべく早く売却することがポイントです。

もし少しでも「自分のiPadはいくらになるんだろう」と思ったら、まずは査定依頼をすることをお勧めします。

査定自体でお金を取られることはありませんので、安心して買い取り業者を探しましょう。


 




バナー
バナー
売買コムズ 〒660-0085 兵庫県尼崎市元浜町4-88 古物商登録届出 第631331400008号 | 酒類販売業免許 尼法第383号
Top